HOME > 日本酒「東一」とは

    五町田酒造の「東一」は、米どころ・佐賀が故郷です。

  •  地元に愛されてこそ〈地酒〉。何より佐賀の人々に誇りに思っていただける酒を醸すこと。それこそが全国に通じる酒造りの第一歩だと考え、歩んでまいりました。
  •  五町田酒造は昭和63年、「吟醸蔵」を目標に掲げました。同年、酒米の最高峰といわれる山田錦の作付けを始め、平成2年には自家栽培の山田錦で醸した大吟醸が全国新酒鑑評会で金賞を受賞。以来、酒質向上の一点を見つめて技術研鑽にかけ、安定した酒造りに努めています。
  •  中でも袋吊りできめ細やかな味わいをも引き出す「雫搾り大吟醸 東一」は、蔵の粋を集めた珠玉の一本。福岡国税局の鑑評会をはじめ数々の賞をいただき、全国の日本酒愛飲者にも高い評価をいただいています。